月別アーカイブ: 2015年8月

肌を綺麗にしてみたい

生理が近いとニキビができやすくなる女性は多いと思われます。ニキビになってしまう所以として、女性ホルモンのバランスが崩れ、肌が荒れやすい状態になってしまうのと、特に生理が来るまえにはどうしても甘いお菓子とかが欲しくなったりしますので、ニキビが増えたりすることが起こってしまうのでしょう。

ニキビは誰もが素早く改善したいものです。ニキビは早く改善するためにも、ニキビをいじってしまわない様にする事が大切なことです。

汚れて雑菌の付いている手で触ってしまうと、ニキビがより悪化しますし、いじりすぎると肌に傷をつけてしまうでしょう。悪化したニキビとなると、芯を持ったように固く、指で触ると痛いといった症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)があります。ニキビが出来ると、なんとなくその箇所を確かめたくなって触ってしまいたくなりますが、触ってしまうとまたそこから雑菌が入って長引く原因となるので、ケアとしてニキビケアのクリームを塗るなどして、清潔に保つようにするのが良いようです。知っての通り敏感肌は、大変傷つきやすいので、洗顔が適切でないと、肌を痛めてしまうでしょう。化粧落としの時、顔をこすってしまいがちですが、デリケートな肌の人の場合、顔をごしごし洗うと、特に肌のトラブルを起こしてしまいがちです。適切な洗顔方法でデリケートなお肌のケアをしましょう。ニキビがひどい状態の時には、洗顔石鹸を使ってピーリングをしています。

ピーリングを初めてした時には、肌がわずかにヒリヒリとしました。それで、怖くなってしまって即止めることにしたのですが、肌が正常に戻ったら、そのヒリヒリ感がきれいさっぱり消えて、とてもきれいにニキビが治ってくれました。その後は、ニキビを見つけるとピーリングを行っています。やっぱり、顔にニキビが出来ると気分が落ち込みます。ところが、お肌の調子ってオナカの中の調子と深く関係があるらしいので、腸内の環境を良くしたら、さっぱり消えてくれます。とりあえずオナカすっきり快便生活からはじめるためにキウイフルーツなどの食物繊維が多いものを食べて、不要なものを体から出していったら、吹き出物も消えてなくなります。ご存知かもしれませんが、ニキビはP.acnesのせいでできるので、メイク用のスポンジやフェイスタオルなどを共有で使用したり、直接肌が接触してその通りにして洗わなかったりすると、自分もニキビになってしまうことがあるので注意が必要でしょう。

また、自分のニキビを触った手で、顔の他の部分に触れると、そこにもニキビができる可能性があります。敏感肌の問題は、水分が足りないために起こることが多いのですが、あまり合っていない化粧水(その名の通りの水のようなものから、とろみのあるものまで、商品によって使用感も異なります)を使用しても、悪影響を与えてしまうでしょう。肌質どおり低刺激の化粧品を使用して、たっぷりと保湿を心がけてちょーだい。後、ダブル洗顔は肌に悪影響を与えますので、あまり刺激のない肌に合うクレンジングで、抜かりなく落とすようにしてちょーだい。吹き出物を予防するために、私は毎朝、果物を摂取するようにしています。その時期の旬のフルーツをどんなことがあっても摂取しています。ご飯で果物を摂取するようになってから、肌を褒められるケースが多くなり、生理前でもニキビが発生しなくなりました。

便の通じが改善したのも、ニキビができなくなった原因の一つと推定できるかもしれません。敏感肌であれば乾燥肌でもあることがほとんどであるくらい敏感肌と乾燥肌は同じカテゴリとして考えたほうが良幾らい深い関係であるといえます。

乾燥肌に変わってしまうと、少しだけの刺激を受けても過敏な反応を起こし、皮膚に赤みやかぶれ、腫れといった肌荒れが起こりやすくなります。この原因には、肌の表面の角質(真皮を外部の刺激から守る、水分を逃がさないようにするといった働きがあります)層が薄くなって、外からの刺激を肌内部まで通しやすくなっていることが原因といえます。