月別アーカイブ: 2017年11月

肌が荒れたり赤く腫れたりという肌トラブル

敏感肌だったら乾燥肌でもあることがほとんどであるくらい敏感肌と乾燥肌は同じカテゴリとして考えたほうが良幾らい深い関係であると言えるでしょう。乾燥肌へ肌の状態が変わってしまうと、ほんのちょっとの刺激をうけても過敏な反応を起こし、肌が荒れたり赤く腫れたりという肌のトラブルが起こりやすくなる傾向があります。

この原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)には、乾燥により肌表面の角質層が薄くなり、外部刺激をうけやすくなってしまっていることがその症状の理由です。

洗顔は1日に何回するのがベストなのかおわかりでしょうか。朝と夜の2回が正解です。

これ以上顔を洗うのは肌にダメージを与えてしまう1番の原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)です。

何回もすれば多い分ゲンキになるワケではなく、2回を限度とするのが美肌を目さすことへと繋がっていくのです。ファンケル無添加スキンケアは、無添加を守ることに限って拘りを持っているのではありません。

肌が本来持っている力を取り戻し、その美が復活するよう、肌細胞の活性を高め、ダメージを回復させることも大切にして商品にしています。ずっと使っていくとダメージに負けない綺麗な肌に変わるでしょう。

面皰とは皮脂が毛穴を詰まらせて、その中で炎症になっている状態です。

乾燥肌の場合皮脂が少ないから毛穴の目詰まりは起こらないように感じますが、実際のところはそうではありません。皮脂の分泌が少ないと肌は乾燥することを防止するために皮脂を大量に分泌します。その結果、毛穴に目詰まりが発生してしまい、面皰ができるワケですね。

最近、私はエッセンシャルオイルを使用して自分だけで楽しんだり周りの方に楽しんでもらったりしています。アロマの香りが特に気に入っていて気分が落ち着きます。

アロマオイル(別名をフレグランスオイルともいいます)は精神面、肉体面の健康やリラクゼーションに効果が得られるようです。植物の香りは心と体の悩みを穏やかにしてくれる効果があり、肌ケア化粧品のような感じで使っています。

ご飯と美しさは密接に関係していますので、年齢を逆行させる効果のある食品を食することで美肌をキープすることが可能です。大豆などの豆類、白ゴマなどのゴマ類、ワカメなどの海藻類、ニンジンなどの野菜、鯛などの魚類、シイタケなどのキノコ類、玄米などの穀物類、ジャガイモなどのイモ類、ヨーグルト(ソフトヨーグルト、ハードヨーグルト、飲むヨーグルト、フローズンヨーグルトの四種類に分けられます)などの乳製品、トナス、そしてタンパク質をきちんと摂取することで齢に負けないことができます。年をとるごとにお肌がたるんできたなと感じるものです。そういう風に思ったら、お肌のお手入れで保湿をしっかりして、クリームなどを塗ってセルフケアをして、たるみの改善に努めましょう。

それだけで、けっこうちがうので、面倒くさがらず一度試してみることを声を大にしてお奨めします。化粧水や乳液をつけないと、どうなるかというと、だいたいの人は肌がボロボロになることを想像すると思いますが、本当はまったく別で肌はゲンキを取り戻します。

化粧をするということは肌に負担をかけるので、それを全て取り除いてワセリンだけで肌をいたわってやるのが何よりも優しいスキンケアだと言えます。肌荒れに効果的なスキンケアのやり方のポイントは、顔を洗うことと潤いを保つことです。顔を洗う時の注意点ですが、とにかく肌をこすらないことに気をつけるようにして顔をきれいすることが大切です。顔をきちんと濡らしてから、しっかりと泡立てた洗顔料をのせて、泡を使用して洗うようにします。洗顔料を残さないように、しっかりすすぐことも重要です。基礎化粧品はお肌にその通りつけていただくものですので、その効果ももちろん重要なのですが、素材にもこだわって選びたいものです。肌に不必要なダメージを与えないためにも、使われている成分や原材料をよく見て、界面活性剤の使われていないもの、出来ましたらオーガニックな素材の商品を選ぶのが正解です。