月別アーカイブ: 2018年6月

一気に老化が進んでしまう

シワやたるみには、表皮の薄さが関係しています。

肌がたるんでいたり、ヨレっとしているような気がしたら、今までと同じケアをつづけるのではなく、自分の肌タイプについて考えてちょーだい。部分的に白く粉っぽくなるほどの乾燥肌なら、日頃から注意しておくべきでしょう。水分蒸発を抑制する表皮が薄いと表皮細胞の再生機能が弱まるため、すぐ弾力が失われ、色つやが悪くなるのです。一気に老化が進んでしまうので、肌質に本当に合ったケアを考えてみるべきだと思います。

お肌が薄い人は、そうでない人と比べてシワがたくさんできるそうです。シワができやすい自覚のある人は肌を見るとある程度わかりますから、少し確認してみましょう。

肌から血管が青く透けて見えているなら、大体薄い方だと考えてよいでしょう。

皮膚があまり薄い場合は皮膚に厚みのある場合と比べ、皮膚に水分を溜めておけませんから、肌の若々しいハリが消え、肌はしぼんでシワがよくわかるようになるのです。肌は、年々薄くなっていくのが普通ですから、いつも肌の様子を気にかけておきましょう。お肌のケアのためなら、顔を洗うときには髪の毛との境目などの落とし忘れの多い部分まで、すすぎ残しの無いように洗い流しましょう。

洗い流せたら、タオルで弱い力で押さえながら水分を取り除きます。絶対に、強くこすったりしないでちょーだいね。当然、きれいなタオルを使用することが、前提となっているのです。お肌と肝臓は、とても密接な関係にあります。

沢山の血管が肝臓には集まっており、血液をとおして体内に入った物質や産生された物質を代謝・分解することで、有害な物質を解毒する役割を果たしています。肝臓の働きが阻害されると、老廃物や有害物質は血液をとおして体内を巡ります。それが肌荒れやくすみを引き起こしてしまいます。肝臓に負担をかけないようにしていくことが、お肌の健康を維持するために必要なことなのです。毎日2リットルの水分補給は全身の代謝を活発にすると考えられています。そして、お肌に結構水分は欠かせません。水分を十分摂らないと、肌の血行も悪くなるでしょう。老廃物や有害物質がたまることでシミやくすみを悪化させてしまいます。それだけでなく、肌の乾燥を招くことで、お顔にシワやほうれい線も増加していくのです。

ぜひ、水分を欠かさない生活習慣を保ってちょーだい。肌のくすみは、紫外線やターンオーバー(組織や細胞の入れ替わりをいうことが多いですね)周期の乱れによって引き起こされるといったデータもあります。

お肌の不調を本来の調子に戻してくれるものに女性の間で人気のアロマオイルがあるでしょう。中でも新陳代謝をアップさせ、ターンオーバー(組織や細胞の入れ替わりをいうことが多いですね)を促進する効果のあるネロリ、血液の循環をよくしてくれるゼラニウムなどは、肌のくすみ解消にはもってこいです。

マッサージに利用するのはもちろん、スチームを利用する際に、何滴かをたらして使用してみるのも手です。肌にできたシワやシミが回復せずに残って増えていく。

。。アラフォーってそんな感じですよね。

色や髪型を変えなきゃいけないような気がしたり、あなたがた何と無くわかっているでしょう。妙に疲れやすかったり、疲労がとれにくかったりして、朝から目の下にクマがあったり、額や目尻のシワが目立ってくるころだと思うのです。

以前は肌のコンディションがよくないと感じても、大人なりの保湿優先のスキンケアを行ってバッチリ回復させてきましたが、アラフォーは回復しないのです。回復するスピードより劣化するほうが早くなるのではないかと思うことも増えています。20代と今とではスキンケアの方法も変えていますが、対応しきれていないのかも知れません。

入社三年目位までは若いというだけでご飯に誘われていたものですが、アラサーってダメですよね。どうせ遊びに行かないしとスキンケアの手抜きが慢性化していたら、電車の窓に写った自分の顔に強烈なダメージを受けました。元々笑いシワはあったのですが目尻がなんだかシオシオしていて、目の下がなんだか青いんです。乾燥シワも目立っていました。でも、おかげで、気づくことができたんです。体も肌も心も、疲れを残してはダメなんです。いままで省いていたのは心と肌のハリを取り戻すための時間。きちんとメンテしてあげて、十年後に後悔しない、ずっときれいな肌でいるためのお手入れをかかさないようにしようと決心しました。時間を巻き戻すのに比べたら現実的ですから。

敏感肌(本来あるはずの皮膚のバリア機能が何らかの原因によって低下していて、外部からの刺激に極端に弱くなっている肌をいいます)の悩みは、保水不足が原因となることが多いのですが、肌質と合っていない化粧水の使用は、悪影響を与えてしまいます。

肌質に合った低刺激の化粧品を活用して、ふんだんに保湿をするようにしてちょーだい。

後、ダブル洗顔は肌に悪影響を与えますので、低刺激の肌に合ったメイク落としで、抜かりなく落とすようにしてちょーだい。洗顔を終わらせた、その後の10秒間は肌のケアにとって大変特別な時間だということを認識しましょう。お風呂やシャワーの後ですとか洗顔フォームでしっかりした洗顔を済ませた後の肌は、なんでも吸い込む、乾聴きったスポンジのような状態になっているんです。

短いけれど、大切なこの10秒間に何もしない、というのはただただ勿体ないことですし、そんな大切な時に何もしないのは「肌にとって罪だ!」と言いたくなるほどです。

洗顔を終えたらすぐさま、タオルで水気をさっととって、たっぷりの化粧水で肌のケアを行ってちょーだい。